工夫をすれば注文住宅は安くなる

注文住宅は、工夫をすることで安くすることができる点に特徴があります。
まず大前提として、木造住宅を作るとコストは圧縮できます。
鉄筋コンクリート造りの住宅は頑丈で寿命も長いですが、どうしても材料費も高くついてしまいます。
木造住宅よりも作るのは大変なので、工期も伸びてしまいます。
そうすと、いくら工夫をしても比較的高い値段にしかならないのです。
木造住宅なら、材料費もそう高くはなりませんし、工期も短縮できます。
その結果、安ければ数百万円というレベルでマイホームは手に入ります。
木造住宅は日本の気候風土にも合っているので、わざわざ鉄筋コンクリート造りの家にする必要もないでしょう。
積雪量の多い地域でもないなら、木造住宅で十分なはずです。
材料を海外産の安いものにすれば、費用は安くなります。
また、デザインをシンプルにするのも一つの手です。
できるだけ正方形に近い建物を作るよう心がけましょう。
間取りを複雑にし過ぎないことも、注文住宅を安く作るコツです。