シンプルかつ簡単な不動産の相続方法

相続人が一人なら不動産があっても特別問題が発生することはありません。
ですが、相続人が複数出てくる場合は、不動産があると相続の手続きが複雑になることも多いです。
その場合は、不動産は一度売却してしまうのがいいでしょう。
不動産をお金に換えれば、相続人が何人いても問題は発生しにくくなります。
それぞれの取り分は決まっているはずなので、それに合わせて現金を分けていけばいいだけだからです。
不動産は分けられませんが、お金は自由自在に分けることができます。
売却をしてしまえば、手続き面でもシンプルになります。
税金の発生などもあまり考える必要がなくなるので、面倒なら不動産は売却してしまいましょう。
その土地が代々引き継がれているものであるとか、他に住む場所がないというような事情でもないなら、売ってしまった方が楽です。
不動産を相続すると登記もし直さなければいけません。
現金に換えるだけで、面倒な作業はほとんど回避可能です。